入会基準・
入会方法
入会申込書 善意通訳登録 勉強会スケジュール

伝統工芸と京をガイドする会

Goodwill Guide on Kyoto Handicraft & Historical Sites
(略称:GGKH)

私たちは、海外からの観光客に、京都の観光地の案内に加えて、京都の伝統工芸品の素晴らしさを伝えることを目指して集うボランティアガイドの会です。

京都には、長い歴史を物語る史跡の数々や、四季それぞれを彩る山や河や庭園、それに祭などの住民に支えられた年中行事があって、外国からの方々に案内したい事柄がたくさんあります。それらに加えて、この地に育まれてきた伝統工芸品の数々は、彼らに京都の伝統と文化をより深く理解する手掛かりを与えてくれるものだろうと考えます。

京都には長い歴史と伝統を誇る「ものづくり」が今も盛んに行われています。高い技術によって作られる衣裳や道具など、これらの伝統工芸品は、京都の伝統行事を支え、現代の私たちの生活に潤いを与えてくれています。これらの品々が、どのような歴史を持ちどのように作られているのかを知ることは、私たち自身にとっても、新しい発見があり、美しいものとの出会いがあり、楽しさがあります。

また「ものづくり」一筋に精魂を打ち込む職人さん達との交流は、私たちに手仕事の素晴らしさを教えてくれ、新たな人や社会との絆を深めることができます。

京都の伝統工芸品の品目は多岐に渡り、それぞれが奥行の深いものです。私たちはその専門家を目指す訳ではありませんが、人に説明するにはまず自らがよく理解する必要があります。そこで、月2回、原則として第1土曜日と第3土曜日に勉強会を開き、会員同士で少しずつ学んでいくことをしております。

私たちは、日本政府観光局(JNTO)が提唱する善意通訳(Goodwill Guide)普及運動の趣旨の下に、訪日外国人が経験する言語上の障壁や不便などを多少なりとも解消させる目的でボランティアガイドを行います。ガイド料などの収入はありませんが、外国人への案内を通じて感謝される喜びと、あらためて京都あるいは日本の文化と、他国の文化の理解を深める貴重な体験が得られるのが代償です。

私たちのガイド活動が、伝統工芸産業の振興に少しでも役立つのであれば、これ以上の喜びはありません。

あなたの入会をお待ちしております。

                                   伝統工芸と京をガイドする会

                                       代表   鈴木 信夫